カート

カート

0
MENU

こちらのメニューから各ページを選択できます

閉じる

添加剤の種類、配合量、添加順番について

ポリエステル樹脂の硬化に必要な添加剤

樹脂硬化剤MEKPO
樹脂専用促進剤(8%オクテン酸コバルト=6%ナフテン酸コバルト)

※オルソ系、イソ系、ビニルエステル、ノボラック、ビスフェノールなど所謂、FRP樹脂、ポリエステル樹脂、ポリパテ、ポリエステルトップコートゲルコート、ビニルエステル樹脂などに使用される硬化剤や促進剤である(樹脂硬化剤MEKPO(メチルエチルケトンパーオキサイド)や促進剤(8%オクテン酸コバルトまたは6%ナフテン酸コバルト))について添加剤の種類、配合量、添加順番などを解説します。

※2液型の場合は、硬化剤を添加するのみで使用可能ですが、3液型の場合は下記のとおりでの扱いをお願い致します。

※以下一連の作業の前に必ず御認識頂く重要事項がございます。
促進剤コバルトと硬化剤MEPO有機過酸化物の各添加剤を直接混ぜると大変危険です。
危険有害反応可能性:硬化剤MEKPOとナフテン酸コバルトと接すると爆発する。上記を理解して下記の手順で作業を行って下さい。

①ゲルコートを使う分量を容器に入れ計量する。

②ゲルコートの重量比で0.3~1%(気温30度前後~10度前後)を目安に促進剤(8%オクテン酸コバルトまたは6%ナフテン酸コバルトを添加して、全体に満遍なく混ざる様に充分に買撹拌する。

③コバルト撹拌済みのゲルコートの重量比で0.5~2%(気温30度前後~10度前後)を目安に硬化剤MEKPOを添加して、全体に満遍なく混ざる様に充分に買撹拌する。添加剤添加後は、速やかに塗装作業を終了する。


①先に促進剤(ナフテンまたはオクテンサンコバルト)を上記のとおり添加する。


②促進剤(ナフテンまたはオクテン酸コバルト)と樹脂を良く混ぜる。


③最後に樹脂硬化剤を上記のとおり、樹脂と良く混ぜ。


④各添加剤添加撹拌後は、速やかに塗布、吹付をする。