リバーテーブルカスタムウッド

エポキシウッドレジン販売ページはこちらへ


リバーテーブルを作りたい!
リバーテーブル:エポキシレジンリバーテーブル
エポキシキャスティング&コーティング
制作されたい方の為に
樹脂専門店のFRP-ZONEが
技術情報をご提供致します。


■リバーテーブル制作について様々な技術情報をご提供しております。2014年からリバーテーブルの試験、制作を行った中で培った技術を当店WOODRESINユーザー様に樹脂の取り扱いから型造り~研磨仕上げまでの工程や資材をサポートさせて頂いております。

■リバーテーブルに最適な樹脂

メーカーと共同検査した当店のWOODRESINは、★一発大量注型!でも割れません!
しかもほとんど樹脂焼け変色もなく白濁もなく
非常にクリアです。セールストークではなく
画像を見て是非ご検討お問い合わせ下さい。

■このエポキシは大丈夫!?
良くお客様からお聞きするのが、下記のお問い合わせです。

■このエポキシの硬化剤は毒物劇物指定されている?
■このエポキシは割れない?
■このエポキシは煙が出て中毒にならない?
■このエポキシは一度で7~15cm厚で通常に硬化可能?
■この樹脂の透明性は?
■この樹脂は気泡は抜ける?気泡は残らない?
■この樹脂の着色剤は?着色材で一番良いものは?
■このエポキシはマーブル柄が消えて描けない?
■この樹脂は高温になって煙が出て危険?
等々様々ですが、当店のWOODRESINは、全く心配ありません。
そんなご心配を下記の情報で解消されて下さい。
きっとリバーテーブルの制作が楽しく楽にリスクを最小限に出来る事をご理解頂けると思います。

★リバーテーブル制作に関する情報項目
YOUTUBEを見ても分らない!
どこのショップも知らない技術情報が沢山あります。
下記の項目以外でも何でも対応可能です。
下記の項目は更新中ですのでまだまだ増えます。
下記の項目の回答解説は、個別に丁寧にお話させて頂いており、多くのお客様が作品出店販売に成功されております。

■樹脂の特性は気にした方が良い?
■型に流し込むエポキシと表面に塗るエポキシは違うの?
■YOUTUBEで色んな動画を見たけど出来ない!分らない!
■他店でFRP樹脂かってバーナーで炙ったら火事になった!
■エポキシの正しい選び方を教えて欲しい!
■型の作り方
■型の素材
■型のエポキシ液漏れ対策
■離型処理方法
(型にエポキシがくっつかず綺麗に剥がす!)
■温度管理
(樹脂の温度、作業所の気温、硬化発熱温度)
■発熱問題
(必要以上の硬化発熱と高発熱防止方法)
■発煙問題
(急激な高温発熱による発煙は中毒になる恐れ!)
■硬化変色問題
(急激な高温発熱による樹脂焼け)
■ひび割れ問題
(必要以上の急激な高温発熱による硬化収縮)
■臭わないのに換気は必要なの?
■透明性について
■紫外線劣化について
■気泡対処法
■樹脂が固まらない化学的原因って?
■温度管理の方法が分らない!
■気温と樹脂温度と注型量の関係は?
■四季ごとに注意する事は?
■エポキシレジンに用途別ってあるの?
■硬化後に固まったエポキシが柔らかくなるのはなぜ?
■柔らかくならないエポキシってあるの?
■樹脂を固めたら白っぽく濁ったのはなぜ?
■固まったエポキシの上に水を垂らすと
  表面に白いシミが出る物と出ない物があるのはなぜ?
■目止め処理とは?
■サンディングの方法
■研磨材
■研磨方法
■自然塗料WOODWAX、蜜蝋WAX
■硬化不良問題
■変色問題
■注型方法
■着色剤の選択
■本物のパールパウダーピグメントって?
■マーブル柄が変わる&消える問題
■マーブル柄の描き方
■グラデーション着色
■クリアスケルトンカラー仕上げ
■無着色クリア封入仕上げって?
■テーブルTOPへの木目調や大理石調柄の描き方
等々全てお応えし制作のサポートを行っております。



■エポキシ樹脂性能確認テストをご覧ください。
※気温33℃で試験、厚さ11cm×直径15cm:約2でテスト
注型用ではないコーティング用のエポキシを誤って使用すると1mm厚の薄塗りでも速硬化させる為硬化発熱が急速に高温となる為、気温が常温の25℃でもMAX厚が1cm程度でそれ以上長くと煙が出て樹脂焼けや茶色く変色して発泡膨張してひび割れして中毒になったり火傷をしたり事故となる確率がほぼ100%に近い確率で危険ですですが、当店のWOODRESINは下記の画像の通りの結果です。

素朴な疑問?
画像は※気温33℃、厚さ11cm×直径15cm:約2
だけど実際にテーブルの大きさで固めた場合は割れたりしないの?
回答
樹脂が割れる原因は、その樹脂に対応可能の範囲を超える急激な高温硬化熱が発生する事による硬化収縮する事でひび割れが発生しますので、同じ厚さでも空気に触れる部分の面積が小さければ熱を放出させる事が出来ず、さらに高温になりますが、リバーテーブルの様に厚さよりも空気に触れる面積が明らかに大きい場合は、硬化時の発熱を放出する量も多くなるため急激な硬化反応による硬化発熱の蓄熱温度を上昇させることなく硬化する事が出来ますので、逆に試験の円筒形の物体よりも放熱量が多く熱を抑える事が出来ると言う事が言えます。下部の別画像■大型注型がその実証例になります。

■テストピース作成厚さ11cm×直径15cm:約2


















の表現に最適な透明性と耐紫外線!
ウォータークリアUV特性エポキシレジン
超透明UV特性エポキシ注型キャスト樹脂
Water Simulation Epoxy Casting Resin System
海外では既に定番!
■エポキシリバーテーブル、ウッドチューニングで最適な超クリアエポキシレジン!








EPOXYWOODRESIN
ユーザー様の作品
リバーテーブをご紹介




■自然塗料:蜜蝋WAX:浸透性液状&ペースト状




■リバーテーブルエポキシ表面バフ掛け仕上げ用のコンパウンドならレクサス&インフィニティーで採用されているエクセレンス!テストピースのエポキシ樹脂を研磨して透明感を出す様子をご覧下さい。









■着色と模様







■Pigmentは200色以上あります。






■ピグメント販売のご案内

■内容量
●5g入り10~13色パック
●50g入り1色単位
●500g入り1色単位お取り寄せ
●1kg入り1色単位お取り寄せ

■ピグメント販売ページはこちらへ







■お支払方法
オンラインクレジット決済
コンビニ後払い決済
お振り込み決済
代引決済(現金代引き または クレジット代引き)
数量が多くなる場合は、メーカー直送でお届けしますので
お支払を事前決済のクレジットカードまたはお振り込みで
お手続きをお願い致します。


■発送方法
◎当店出荷または数量によりメーカー直送
発送方法ですが、基本は当店出荷ですが、量が多くなる場合はメーカー直送となります。メーカー直送品のみでご注文頂く場合は、お支払はクレジットまたはお振り込みが必要となり、月曜日から金曜日の平日で午前9:30までの決済で当日メーカーより発送致します。通常10kg未満は、1件でメーカー送料1,500円ですが、当店では、どのサイズや数量でも全て無料です。

■送料無料
※離島運賃は別途お見積り致します。

使用上の注意
取り扱いにはMSDSをご確認頂いてからご使用ください。
製品用途以外でのご利用は行わないで下さい。
※日本では、エポキシ樹脂を厳しい法律で管理されていますが、使用者への規制はありません。海外でも一般的にDIYで自由に使用されています。


Wood Resin?Resin River?
木と樹脂?樹脂と川って何?

木材とキャストエポキシレジンの組み合わせで幻想的で自由なアイディアでインテリア家具、置き物、アクセサリー、照明器具、キッチン、カフェテーブル、オフィス家具、をDIYで作る方法が海外では流行っています。
WoodResinをもっと楽しんでもらいたく、これらの制作を行うための注型用エポキシ主剤2:硬化剤1を販売しております。当店では10年程前からこの樹脂を販売し続けており、大学、専門学校、舞台、CM、映画、デザインオフィス、建築デザイン、など多くの業界で各分野のクリエーターが愛用しているプロ御用達のエポキシ樹脂です。
この樹脂は主剤+硬化剤(2:1)の配合で非常に透明性が高く、研磨が可能な硬質でありながらも柔軟性が残るので、ポリエステルの様に欠けたり割れたりする事が少なく紫外線特性があり、高い低粘度の為、気泡が抜け易く、ポリエステルの様に厚くすると樹脂焼け変色したリ、割れたりすることなく、温度管理も常温で大型作品でも一発流し込みで固まるまでただ放置すればOK!


★エポキシレジンのホットなキーワード
Wood resin jewelry
wood resin table
Wood resin art
wood resin lamp
wood resin pendant
wood resin ball
wood resin bowl
Wood resin river
Epoxy Resin River Table
Epoxy resin table top
Epoxy resin flooring
Epoxy resin countertop
Epoxy resin art
Epoxy resin art techniques
Epoxy resin art table
Epoxy resin art pour
Wood turning resin




■使用方法
★エポキシ注型低粘性クリア樹脂
●配合比は、樹脂2 : 硬化剤1の割合になります。
 
配合比の詳細容量別配合データは下記にあります。

●硬化時間は、常温23度で48時間で可使時間は12時間前後すが、
作業時の作業所の気温が30度前後になりますと注入の厚さにより
数時間で硬化する場合がありますので、気温はチェックして出来る限り行いましょう。作業環境の気温が高くどうしても気温を下げられない場合は、一度流し込みを少なくして固まって発熱が冷めたら再度流し込みをする様に分けるのがBESTです。
基本的に配合比が同じで同色で先の樹脂が硬化収縮していなければ樹脂継ぎ足し境界線は出ません。

●自己脱泡性があるので放置するだけで気泡が消えます。
 ただし、自己脱泡の条件は常温23度より高温環境にならず、硬化時間が48時間の場合にゆっくりと気泡の消える時間をキープする事が出来ますが、作業所の気温が高く効果が早まる事が予想される場合は、事前に脱気チャンバーで脱気(脱泡)したリ

●着色方法が豊富パウダーピグメント、アクリル絵の具、スケルトンカラー、ポリトナー、アルコーインクなどで着色が出来てアイディアも増えます。

●硬化発熱が低いので変色もなくクラックが入りません。ただし、気温の高い環境で作業される場合に、型の体積の大半が樹脂になる場合は、一度に10cm前後厚く流し込むと、余計な硬化発熱の蓄熱温度が上昇し収縮率が高まりますので、作業環境の気温と一度に流す暑さにはご注意ください。

●樹脂は殆ど匂いがありませんが換気やマスク装着は行ってください。
●肌の弱い方は、肌に直接液体が着かない様に作業用の服を着用されて下さい。

★樹脂等材料は、制作過程で必要に捨てる分も作品なんです。
★材料を惜しみなく使うのが、素早く失敗を減らし良い作品を作るコツです。

■当店作成取扱説明書
DL:EPOXY WOOD RESIN 2:1



■配合比

※樹脂と硬化剤は比重が異なりますので 2:1であっても樹脂と硬化剤をそれぞれに計算する必要があります。 下記の例を見て算出されて下さい。

■混合容積比=100:50
■混合重量比=100:45


・樹脂の容器には、1.05kg(1050g)入りと5.26kg(5260g)入りの2種類があります。
・硬化剤の容器は、0.95kg(950g)入りと4.76kg(4760g)入りの2種類があります。
※上記の様に容器の規格では、容積比1:1または重量比1:0.9の軟質硬化での最大量が入っておりますので、これに惑わされずに下記の配合比で算出されて下さい。

◎上記の樹脂と硬化剤の約2:1の割合

容積比:樹脂が樹脂100ccの場合:硬化剤は50cc
重量比:樹脂が樹脂100gの場合:硬化剤は45g

容積比:樹脂が樹脂400ccの場合:硬化剤は200cc
重量比:樹脂が樹脂400gの場合:硬化剤は180g

容積比:樹脂が樹脂1500ccの場合:硬化剤は750cc
重量比:樹脂が樹脂1500gの場合:硬化剤は675g

容積比:樹脂が樹脂3500ccの場合:硬化剤は1750cc
重量比:樹脂が樹脂3500gの場合:硬化剤は1575g

容積比:樹脂が樹脂10000ccの場合:硬化剤は5000cc
重量比:樹脂が樹脂10kgの場合:硬化剤は4.5kg


◎上記の配合比を参考にされて下さい。
下記の組み合わせになります。
バラ販売も掲載ございます。



■注入量計算

体積の求め方:公式と計算
※一部の単純形状のみ参考例としてご案内します。
その他の形状や複雑になる場合は、目的形状に近いお調べ下さい。
①立方体の体積:一辺 × 一辺 × 一辺
②直方体の体積:たて × 横 × 高さ
③角柱の場合:底面積(底面積の形状により算出) × 高さ
④円柱の場合: 底面積(半径 × 半径 × 3.14) × 高さ
⑤角錐の体積:底面積 × 高さ ÷ 3
⑥円錐の体積:底面積(半径 × 半径 × 3.14) × 高さ ÷ 3



■容量サイズ
(全てメーカーサイズ・メーカー直送)
①3.05kg Set

主剤1.05kg×2缶=2.1kg+硬化剤0.95kg×1缶=0.95kg

②6.1kg Set
主剤1.05kg×4缶=4.2kg+硬化剤0.95kg×2缶=1.9kg

③9.16kg Set
1)主剤1.05kg×1缶=6.31kg+硬化剤0.95kg×3缶=2.85kg
2)主剤5.26kg×1缶 +↑

④12.21kg Set
1)主剤1.05kg×3缶=8.41kg+硬化剤0.95kg×4缶=3.8kg
2)主剤5.26kg×1缶 +↑

⑤15.26kg set
主剤5.26kg×2缶=10.52kg+硬化剤4.74kg×1缶=4.74kg

⑥23.37kg set
主剤5.26kg×3缶=15.78kg+ 1)硬化剤0.95kg×3缶=7.59kg
              2)硬化剤4.74kg×1缶 +↑

⑦30.52kg set
主剤5.26kg×6缶=31.56kg+硬化剤4.74kg×3缶=14.22kg

⑧61.04kg set
主剤5.26kg×8缶=42.08kg+硬化剤4.74kg×4缶=18.96kg

⑨76.3kg set
主剤5.26kg×10缶=52.60kg+硬化剤4.74kg×5缶=28.44kg

⑩主剤10.5kgバラ×1缶

⑪硬化剤0.95kgバラ×1缶

⑫主剤5.26kgバラ×1缶

⑬硬化剤4.74kgバラ×1缶



気泡除去が出来ない場合は↓これです。
★商品詳細は画像をして下さい。


※表面気泡の消し方(バーナーとヒートガン)流し込んだ後での樹脂の表面に出る気泡はバーナーヒートガンで軽く炙って消す事が可能です。ポリエステルなどこの樹脂以外でH絶対にまねしないで下さい。引火、火災、火傷などの事故の原因になります。




■真空ポンプをお持ちの場合は↓これです。
★商品詳細は画像をして下さい。

↓実用例動画
(動画のチャンバーは旧型で上記販売品が新型です。)






新型ショッピングカート

■Epoxy Wood Resin
「注型」(リバーテーブル&インテリ)専用大量注入可能唯一エポキシはこちらへどうぞ。


■硬度調整型:超クリア注型用エポキシレジン
硬度調整型の特殊なエポキシで硬質にも軟質にも硬化物をつくる事が出来る唯一のエポキシ樹脂はこちらへどうぞ。


※このページの中間から下部に掲載





HOME


Copyright(C)2003 frp-zone. All rights reserved.