FRP クリアートップコート ラメ仕様 イソ系耐熱性耐候性
FRP材料販売:FRPDIY応援サイト
FRP成形の本が欲しい!▼こちらをクリック!
FRP材料販売ショッピングカゴ
FRP材料販売:FRPDIY応援サイト特価商品新商品FRP実験室FRP制作室FRP防水クイック見積り:自動見積りFRP材料販売 FRP通販 Online Shop
[お問合せ] 通信販売法規表示 LOG-IN ■メンバー登録 ■注文確認 ■情報変更会員削除 ■パスワード再発行 ■会員窓口
FRP クリアートップコート ラメ仕様 イソ系耐熱性耐候性

FRPクリアートップコートNO.2
イソ系 耐熱性 耐候性

●ワンオフ成形や表層コーティングに便利!
トップコートですから通常の使用方法は
FRP仕上げのカラー塗装が一般的ですが
折角クリアートップコートを使うのですから
ここでは、ちょっと変わった使用方法を
ご紹介いたします。

@アセトンを含ませたウエス
A樹脂硬化剤MEKPO
Bイソ系クリアートップコート
C希釈剤スチレンモノマー
Dポリスポイド
E#1500〜2000ペーパー
Fネイルアクセサリー(ラメ類)
G豚毛刷毛(後で出てきます。(^^ゞ)
H化粧板(イソ系トップコートグレー塗布済み)
化粧板にイソ系トップコートグレーをベースコートとして塗布してあります。
クリアートップコートを上塗りする前に
#2000のペーパーで表面を研磨しました。
アセトンを含ませたウエスで脱脂と埃とリとして綺麗にふき取ります。
トップコートは、粘性が高いので刷毛ムラになり易いため、予めスチレンモノマーで15%ほど希釈しました。
クリアーがより明確にお伝え出来る様に、今回はトップコートに、ネイルアートで使用するラメなどのアクセサリーを混合して、表層でこれらが装飾として仕上がる様にしました。
ラメを良く混ぜたら、硬化剤を2%添加して再度良く混ぜます。
初めて使う場合、少々塗り難く感じると思いますが、樹脂はたっぷりと乗せて、刷毛先で表面を軽く撫でる様に塗ります。
左側横方向に塗って、5〜10分後に右側縦方向に塗ります。これを2,3回連続作業すれば刷毛ムラは、少なくなります。
これが縦、横に塗って硬化した状態です。

スキージーなど幅広のヘラを使うのも綺麗に仕上げる方法です。
拡大です。
刷毛塗りで仕上がった状態です。

色々な方法があって良いと思います。
ここではあえて仕上げ難い刷毛塗りの方法でご紹介しましたが、仕上げの方法には板を寝かせた状態で仕上げられる場合と、立ち上がり壁などの縦の面への塗布の場合では、仕上がり具合も塗り方も統一では施工できません。
縦の面は希釈せずにスキージーなどを使うと良いでしょう。

クリアーなので色んなアイディアが生まれると思います。ぜひ一度使ってみては如何でしょうか。

FRP実験室TOPへ





HOME


Copyright(C)2003 frp-zone. All rights reserved.