FRP材料販売:FRPDIY応援サイト
FRP成形の本が欲しい!▼こちらをクリック!
FRP材料販売ショッピングカゴ
FRP材料販売:FRPDIY応援サイト特価商品新商品FRP実験室FRP制作室FRP防水クイック見積り:自動見積りFRP材料販売 FRP通販 Online Shop
[お問合せ] 通信販売法規表示 LOG-IN ■メンバー登録 ■注文確認 ■情報変更会員削除 ■パスワード再発行 ■会員窓口


洗浄方法no.1-1
防水DIY:ポリエステル樹脂・TOPコート・ゲルコート・ガラス基材・プライマー等の
洗浄と廃棄方法!
樹脂塗布後の道具類の洗浄と、廃材処理の方法を紹介します。ここでは分かり易くするためトップコートでの洗浄の様子をご覧下さい。
トップコート(硬化剤添加済み)が余ってしまった場合や容器やローラーを洗浄するときに、まともにアセトンで洗浄すると余計に使うので勿体無いですし、洗浄するためにウエスも大量に必要になり、汚れ落としの戦いになってしまいます。
簡単に綺麗に節約して洗浄するには、容器は洗浄しません!・・・・????と思った方にはきっと役立ちますので参考にして下さいね。
まず、余分な残材をスーパー等のレジ袋に移します。
・・・・が、このレジ袋は残材が硬化し始めると高温発熱により溶けて塗料が流れ出しますので、下敷きにダンボールやベニヤを使って下さい。
容器に残っているトップコートを容器の内側全体に満遍なく塗ります。
底に溜まらない様にするのが、ポイントです。
全面平均に少々厚めに塗りましょう!
陽の当たる場所(火が当たらない場所)に1日以上そのままにしておきます。雨や水が入らない様にします。
次に、ローラーや刷毛にべったり残ったトップコートを皮スキやヘラで押し出します。
それでも完全には取れませんので、再度レジ袋に頑張ってもらいましょう!
レジ袋を被せた上から、乳縛りの要領でローラーの芯廻りに残っている樹脂を縛りだします。
こんな感じにすっきりしました。
ここまではアセトンは必要ありません。
この後アセトンにがんばってもらいましょう!
一度に大量のアセトンを使わず、少量を2,3回に分けて洗浄しましょう。
1回目で十分に洗浄して、一旦アセトンを別の容器(廃材用)に入れて、汚れたウエス等で一旦ローラーのアセトンを吸い取ります。再度新しいアセトンで洗浄します。


少量のアセトンを3回ほどに分けて洗浄すれば、トップコート使用のローラーでアセトンを節約してももこんなに綺麗に再製できます。


次のページに行きましょう!

 防水TOPへ ページtopへ 2ページ目へ



HOME


Copyright(C)2003 frp-zone. All rights reserved.