FRPエマルジョンマット使用確認テスト①

エマルジョンマット樹脂含浸状態での持ち上げ試験

エマルジョンマット樹脂含浸直後硬化前のバインダ溶解の影響と樹脂含量(重量)による引っ張りテストです。

FRP積層作業で、マットへ樹脂を先に含浸させてからマットを貼り付ける方法を行う場合に樹脂を含んだマットを持ち上げた際に樹脂の重さとバインダの溶解でマットがちぎれ落ちてしまわないかとのお声を頂きましたのでテストを行いました。
テストでは、通常作業で行う余分な樹脂切りしない様ビニールの上で行いました。
これで通常よりも樹脂の重さとバインダの溶解が増します。
この負荷をかけた状態で樹脂含浸直後に指先で持ち上げた様子です。
実際には樹脂の量も少なく軽くなりますので、含浸性の高さとバインダの心配もなく貼りこみ作業時間としては充分に形状を保てると思います。

■エマルジョンマット#450 巾15cm×35cm
■ポリエステル樹脂(FRP樹脂) 70g

2015/10/17
FRP樹脂&エマルジョンマットのテスト①
FRP樹脂&エマルジョンマットのテスト①結果






HOME


Copyright(C)2003 frp-zone. All rights reserved.