FRP材料販売:FRPDIY応援サイト
FRP成形の本が欲しい!▼こちらをクリック!
FRP材料販売ショッピングカゴ
FRP材料販売:FRPDIY応援サイト特価商品新商品FRP実験室FRP制作室FRP防水クイック見積り:自動見積りFRP材料販売 FRP通販 Online Shop
[お問合せ] 通信販売法規表示 LOG-IN ■メンバー登録 ■注文確認 ■情報変更会員削除 ■パスワード再発行 ■会員窓口
メス型製作〜裏打ち積層

メス型製作
裏打ち積層

FRP-carbon

ここまでくれば、メス型完成も同然(^_^;)
順序と硬化時間を良く見て
余裕を持って作業します。



製品をマスター型に変更して
メス型、そして製品に至るまでを掲載する事に致しました。
ワンオフカーボンカーボンFRPの作り方の続編としてご覧下さい。


今回は小物なので、ガラス基材の構成は、少な目になっています。
@層目#30サーフェースマット
A#200ガラスクロス
B#450ガラスマット
C#450ガラスマット
合計約2.5mm厚ですが、土台付けに更に#450ガラスマットを1プライ使用しているので、合計約3.5mmになっています。
1層目のサーフェースマットは、型の形状に反発せずスムーズに馴染み超薄なので、硬化時の発熱も少なく、ゲルコートへの損傷も少なくなるので、サーフェースマットの塗り込み後は、一旦硬化させます。
この時に使う樹脂はノンパラになります。ノンパラポリエステル樹脂に1%硬化剤MEKPOを添加しよく混ぜてから塗り込みます。
大量に樹脂を塗り込まなくても、素直に型の形状に馴染みます。脱泡ローラーは特に必要ありません。超miniスモールローラー2inchハンドルセットがあればこれで泡も出ず型に充分フィットさせることが出来ます。

超miniスモールローラー2inchハンドルセットだけで綺麗に積層で来ました。
このまま樹脂がゲル化するのを待って2層目のガラスクロスを積層します。

ゲル化(ノンパラ樹脂の場合、インパラのようにカラカラに硬化しません。触った時に指に樹脂が戻らず、べた付いていればOK)

こちら↓もお忘れなく!
超miniスモールローラー2inch替え筒4本入り
サーフェースマット層がゲル化したら、#200ガラスクロスを2層目に積層します。
超miniスモールローラー2inchハンドルセットだけで綺麗に積層で来ます。
同じくノンパラポリエステル樹脂に1%硬化剤MEKPOを添加しよく混ぜてから塗り込みます。ここでも特に脱泡ローラーは使わなくても素直に型の形状に馴染みます。脱泡ローラーは特に必要ありません。
脱泡ローラー無しで、綺麗に形状に充分フィットさせることが出来ます。
出来れば、ここで同じくゲル化させてから、3層目のガラスマットの積層に入って下さい。
2層目のガラスクロスのゲル化を待って3層目の#450ガラスマットを積層しまうす。
先のサーフェースやクロスより樹脂を多く塗り込みます。樹脂の量が少ないと気泡がピンホールやスケが出て強度も弱くなるので、しっかり塗り込みましょう。
ここでは流石に脱泡ローラーに登場していただきました。(笑)
力を加える必要はありませんが、形状どおりにローラーが全面にきちんと当たるようにを転がして、空気抜きをします。また余分に溢れ出た樹脂は、外に切って均一な厚みになる様に均します。
かなりしっかりしてきましたね。
ここでは、4層目#450ガラスマットを連続積層して問題ないです。



4層目が終わったら、続けて土台を一体固定します。


次のページへ!



HOME


Copyright(C)2003 frp-zone. All rights reserved.