FRP材料販売:FRPDIY応援サイト
FRP成形の本が欲しい!▼こちらをクリック!
FRP材料販売ショッピングカゴ
FRP材料販売:FRPDIY応援サイト特価商品新商品FRP実験室FRP制作室FRP防水クイック見積り:自動見積りFRP材料販売 FRP通販 Online Shop
[お問合せ] 通信販売法規表示 LOG-IN ■メンバー登録 ■注文確認 ■情報変更会員削除 ■パスワード再発行 ■会員窓口
FRPカヌー、サーフボード、インテリア、照明シェードに最適なクリア樹脂とガラスクロス!作り方と作業方法

クリア仕上げ実験室
カヌー、サーフボード、カーボン製品、インテリア、照明シェードなどに最適です。

よりクリアな樹脂と平滑性の高いガラスクロスとの組み合わせは作業性と仕上がりが抜群です。研磨にもほとんど時間が掛からず、樹脂の消費も少なく、粉塵もほとんど出さずに済みます。


この樹脂は、濁りのない高透明性のポリエステル樹脂です。カヌー、サーフボード、カーボン製品、インテリア、照明シェードなどには最適です。

ノンパラ樹脂のまま硬化剤↓を入れて使います。




このガラスクロスは、#200ですが、非常にクリアに仕上がります。ガラスの目も一回の樹脂含浸でほとんど消えてしまう平滑性の高いクロスです。塗り込みも非常にスムーズで作業性も大変良いです。

同じ#200のスペックで他社のクロスと突合せで、同時に同じ樹脂を使用して比較してみると明らかに違いが分かります。左半分が平滑性の高いクロスで、右半分は他社のクロスです。左半分はガラスクロスが入っているのか表面を見る限りでは分からないほど非常に綺麗に仕上がっています。

樹脂だけを上塗りします。
上塗りでは樹脂にパラフィンを2〜5%添加して硬化剤を1%入れています。樹脂を上塗りすると事でより透明感が引き立ちます。

ガラスの目が多く出ているほどサンダー等のでの作業がも悪く、粉塵も大量に出ますが、左のFRPはほとんど研磨しなくても良いほど平滑に仕上がっています。

研磨後、樹脂だけを上塗りします。同じくパラフィンを2〜3%添加して硬化剤1%を入れます。
研磨と上塗りを数回繰り返せば透明感が出てきますが、作業時間や作業環境を考えると一回でも充分に仕上がる方が良いですよね!

ノンパラ樹脂にパラフィンを入れてインパラ樹脂にします。


パラフィンを混ぜてから硬化剤↓を入れてます。




大分平滑になってきました。後1,2回サンディングと上塗りを繰り返せばより透明感が出ると思います。しかし1回の塗り込みと上塗りでは左のFRPには敵いません!ほぼ透明です。
時間や材料の経費を考えると、この樹脂とガラスクロスの組み合わせは割安かもしれませんね!

このガラスクロスと樹脂の組み合わせで、必要量をお知らせくだされば、小分けして販売致します。
ガラスクロス#200:1uに対して必用な樹脂の量は、約400g(上塗り1回量は約200g)です。
ガラスマットは#450:1uに対して必用な樹脂の量は、900〜1kgです。
以上を参考に必用なガラスと樹脂の量をお知らせ下されば、その量に見合う規格サイズをご紹介します。
高透明平滑性ガラスクロス#200と高透明性ポリエステル樹脂(ノンパラ)&パラフィンの適合表>お問合せとお見積もり


FRP実験室TOP





HOME


Copyright(C)2003 frp-zone. All rights reserved.