注型オリジナルネームプレートの作り方当店の注型用クリアーレジンでネームプレートを作って見ました(^^♪
FRP材料販売:FRPDIY応援サイト
FRP成形の本が欲しい!▼こちらをクリック!
FRP材料販売ショッピングカゴ
FRP材料販売:FRPDIY応援サイト特価商品新商品FRP実験室FRP制作室FRP防水クイック見積り:自動見積りFRP材料販売 FRP通販 Online Shop
[お問合せ] 通信販売法規表示 LOG-IN ■メンバー登録 ■注文確認 ■情報変更会員削除 ■パスワード再発行 ■会員窓口
透明樹脂-注型透明樹脂-注型樹脂-注型クリア樹脂でオリジナルネームプレートの作り方をご紹介いたします。
当店の注型用透明樹脂でネームプレートを作って見ました(^^♪
インテリア・エクステリア・間接照明、チームやクラブのロゴプレートなどに応用されて下さい。
注型,ネームプレート,クリアレジン,間接照明,透明樹脂,注型透明樹脂アクセサリー,注型樹脂,注型クリア樹脂
注型用クリアー樹脂
ネームプレートの作り方1



当店の注型用クリアーレジンでネームプレートを作って見ました(^^♪
写真の様に、いろんな使い方がありますので、あなたの自由なアイディアで更に進化させて下さいね♪

ここでは、FRPに関するDIYとして何方でも理解し気軽にチャレンジ出来る様に
難しい言葉は使わずに出来るだけ分かり易く解説します。
また、当店からの提案だけでなく、他にも色々なDIYの良い方法、
アイディアなどありましたら、お気軽にお知らせ下さいませ!
皆さんで楽しめるようにご紹介させて頂きます。
宜しくお願い致します。





これぞ、DIY!応用アイディアで!
何処にでもあるパウンドケーキ用の型です。今回はこれを使って当店お勧めの注型用クリアーレジンで、ネームプレートを作ってみましょう(^o^)/






念のため離型処理!
液状離型WAXでも固形WAXでもOK!この類の型は初めから型離れが容易になっているので、一回塗っても充分です。WAXを塗る前に型を少々加熱させましょう。手で触って充分熱いと感じる程度(火傷する感ではない)で充分です。


簡単離型処理♪

今回は液状離型WAXエクステンドの金型用を使いましたが、固形でも良いです。
この液状タイプは、綿100%の布に含ませて満遍なく塗り、15分後軽く空拭きするだけで充分です。
更に10分程度置いている間に下の写真の材料を準備しましょう!


主剤と複合材!

今回は、ジオラマ製作で良く使われているバラスト類をバックアップ材(テクスチャ)として使う事にしました。
ロゴは、金メッキのものを選んでみました。
写真で目立つ様に派手な選択になりましたが、完成はなかなかモダンな感じです。
樹脂は、注型用クリアーレジン、添加剤は専用の促進剤とポリエステル樹脂用のMEKPOです。
たったこれだけです。(^_^;)
極端な話バックアップ材は籾殻でも川原の小石でもなんでもOKなので(^^ゞ


1回目の樹脂を流し込む!

1層目は、仕上がった時にロゴが、注型板の中に綺麗に浮いている状態にする為に樹脂だけを1cm厚程度入れました。
作業台は、水平にして下さい。
1層目:樹脂200g
樹脂に対して各添加剤の量は
専用促進剤が0.5%(1cc)を先に入れて充分ミキシングします。
気泡が出ますので、15分ほど寝かせます。気泡がほとんどなくなってきたら
硬化剤MEKPOを1%(2cc)を入れて充分ミキシングします。同じく気泡を消す為に寝かします。
この場合夏の高温の場合と冬の低温の室内では硬化時間に大きな差が発生しますが、硬化材添加後は写真のように極細くゆっくりと流し込めば、ほとんど気泡が入らず流し込めます。気泡が入っていても、硬化するまでの間には消えます。



1層目完了!

硬化するまでラップを軽く掛けておきます。埃が入ったら台無しなので用心しましょう


バックアップ材:参考!

一層目の硬化待ちの間に
今回バックアップ材に利用したジオラマ用のバラストを参考に見てください。
色々なパターンがありましたが、今回は単色で3色選びました。砂と言うよりは、一粒が約1mm以下の極小粒の小石状のものです。
今回は写真撮影を考えてロゴが浮き出るように赤茶のバラストにしました。
次のページでこのバラスとの混合が出て来ます。どうぞご覧下さい。
 注型封入用透明樹脂
2液型・3液型
500g〜20kg


FRP製作室TOP

2ページ目へ




HOME


Copyright(C)2003 frp-zone. All rights reserved.