FRP防水をDIYで施行するには?FRP防水とは?

FRP成形の本が欲しい!▼こちらをクリック!
FRP材料販売ショッピングカゴ
FRP材料販売HOMEFRP特価商品FRP新商品FRP実験室FRP製作室FRP防水FRP材料販売ショッピングカート(即決)FRP材料販売ショッピングカゴ、ご注文でも見積もりでもご利用可能
[お問合せ] 通信販売法規表示 LOG-IN ■メンバー登録 ■注文確認 ■情報変更会員削除 ■パスワード再発行 ■会員窓口
地球と人に優しいDIY防水施工法!


FRP防水を理解してチャレンジ!


FRP防水は建築防水総合の専門分野からの
情報をご参考に!
<FRP防水TOP-CLIK!

FRP防水とは!

FRP防水には、建築防水の経験とノウハウそして、住宅品質確保促進法「瑕疵保証制度」の下新築では、10年以上の瑕疵を認めない工法により、責任を持って施行されている工事です。

FRP防水が住宅建築で広く採用されるようになって、まだ十数年 経年劣化や不具合など、の原因は最近になってようやく分かり始めています。

元々建築防水では一般住宅での施行は、少なくビルや集合住宅、陸屋根住宅、土木などで特殊技術として機能を発揮してまいりました。防水工事はFRP以外の工法も無数にあり、それぞれに適材適所で防水工法を採用する必要があります。

住宅建築でFRP防水が採用されるようになってからは、木造住宅でもベランダが作られるようになり、現在木造住宅ではFRP防水が主流になっております。

FRP防水が採用された当初は、住宅の予想を上回る揺れや振動に耐えられず、FRPの防水層にクラック(亀裂)が生じ雨漏りの原因ともなっていましたが、フレキシブル(超軟質)不飽和ポリエステル樹脂の採用で、耐木造防水用ポリエステル樹脂として実績を上げております。

外部での防水は、屋根扱いとなる条件が多くなりますので、飛び火に合格した工法の採用も重要ですし、成形品とは違いFRPの上を靴で歩く、あるいは駐車場床では、車が走行出来るための 強度と対応年数の確保が強く要求されますので、建築防水工事としてFRP防水を施行しなければなりません。 また施工者の経験により積み上げられたノウハウも大切です。

弊社では、下地作りを徹底し防水主剤の塗布以前に既に防水効果が出る内容で施行しております。防水層は確かに防水目的の中心となりますが、防水層を十数年間維持させる為には、各工程で徹底した対策が必要になります。
「写真参考」
この時点で雨漏りしない様に下地を作っておりますので、防水層がFRPである必要はありません。合成ゴムシートシート防水・ステンレス防水・塩ビシート防水・ウレタン防水・水和凝固型防水などFRP防水以外にも建築防水では優れた防水工法が数多く存在しています。防水工事専門業者でしか出来ない専門技術です。

近年、FRP防水DIYでも挑戦される方が増えておりますが、そんな時雨仕舞いの知識や防水としてのFRPを誰に相談すれば良いか、既存の下地や防水層にFRPが施工可能か、下地処理の方法や材料の必要量、施工手順はどの様になっているのか?などなど、解らない事は沢山あると思います。そこで弊社では、そんなFRP防水にチャレンジする方を応援し、その現場に合った施工方法を個別にアドバイスしております。
施工前>着手>工程毎>の写真をE−MAILや郵送で送って頂き、写真への指示加工やイラスト図等をお送りし電話にて直接説明し、FRP防水を完成するまで完全サポートしております。




[FRP防水:ガラスマットの切り方〜トップコートまで詳細情報ページ!]
地球と人に優しいDIY防水施工法!




HOME


Copyright(C)2003 frp-zone. All rights reserved.