FRP防水工事のDIYによる施工方法、新築・改修・補修などの情報が掲載されています。

FRP成形の本が欲しい!▼こちらをクリック!
FRP材料販売ショッピングカゴ
FRP材料販売HOMEFRP特価商品FRP新商品FRP実験室FRP製作室FRP防水FRP材料販売ショッピングカート(即決)FRP材料販売ショッピングカゴ、ご注文でも見積もりでもご利用可能
[お問合せ] 通信販売法規表示 LOG-IN ■メンバー登録 ■注文確認 ■情報変更会員削除 ■パスワード再発行 ■会員窓口
雨漏りDIY施行方法:サッシ/雨漏り/FRP防水/施工方法/DIY/端末/補修/改修/コーキング/シーリング/シール
FRP防水は建築防水総合の専門分野からの
情報をご参考に!
<FRP防水TOP-CLIK!
FRP防水補修工事実例NO.1 
@ベランダサッシ廻り(雨漏り簡単補修)
雨漏り、水漏れ対策の施工事例

この補修工事は、応急的な内容で行われました。
急を要する状況での判断です。
これならシール材とプライマーを購入すればDIYは容易に出来ますね!


木造戸建ベランダのサッシの下です。皆さん覗いた事はありますか? 膨れ・剥がれ・塗り忘れなどの劣化や不具合が発生している事があります。写真は剥がれたFRP防水層の端末を切り取っている様子です。サッシを取り付ける前にサッシの内側へ防水層を形成していれば、トップコートの剥がれだけで雨漏りの直接の心配はありませんがサッシを先に取り付けた状態での防水層がサッシュのつばの上にライニングされている場合は、膨れ・剥がれが発生し易くなってしまいます。ご自分で補修される前に、必ず施工業者様へお問い合わせ頂くのがBESTですが、保証切れやその他のご事情で施工不可能な場合は、DIYも良いと思います。
防水層とサッシの取り合いになる入り隅を中心にマスキングテープで養生しましょう。
プライマーは刷毛で塗ります。
プライマーの乾燥は夏季で15分冬季で30分を目安に完全に乾いてからシールします。
少し多めに奥の方から湧き出るようにシールします。空気が残ると後で剥がれや亀裂の原因になります。ここは捨てるつもりで余分に打ち込むのがBESTです。
隙間や穴が出ないようにヘラでしっかり均します。余分にはみ出たらきれいに取り除きましょう!
 マスキングテープを剥がせば完成です。
如何ですか!?DIYも簡単ですよね!




 防水TOPへ ページtopへ




FRP材料販売HOME


Copyright(C)2003 frp-zone. All rights reserved.