防水工事は、単に防水材を用いれば解決する訳ではありません。なぜ雨漏りするのか、なぜ劣化するのか

FRP成形の本が欲しい!▼こちらをクリック!
FRP材料販売ショッピングカゴ
FRP材料販売HOMEFRP特価商品FRP新商品FRP実験室FRP製作室FRP防水FRP材料販売ショッピングカート(即決)FRP材料販売ショッピングカゴ、ご注文でも見積もりでもご利用可能
[お問合せ] 通信販売法規表示 LOG-IN ■メンバー登録 ■注文確認 ■情報変更会員削除 ■パスワード再発行 ■会員窓口
建築防水劣化検証による素地調整と対策[1]:雨漏り/膨れ/亀裂/補修/劣化/DIY/屋上/ベランダ/施行方法/バルコニー

防水工事DIYの為の
劣化検証による素地調整と対策

ご相談とご閲覧の前にお読み下さい。

はじめに
防水工事は、単に防水材を用いれば解決する訳ではありません。なぜ雨漏りするのか、なぜ劣化するのか、なぜ予算と時間を掛けても解決しないのか?など、その原因を理解しなければ、高い工事費が台無しになってしまいます。防水工法の中でも、FRPは「半永久的」として、FRPで防水工事さえすれば全て安心と誤解されている事も非常に多いのが一般的です。
近年FRP防水が手軽に施工可能な事から、FRPの専門の業者さんも増え、木造建築での防水は、一般的にFRPの名が主流となってきました。しかし、木造以外の建築や改修工事では、その既存の防水層や建物の構造、劣
化状況に対する検証や対策を講じず(考慮せず)、施工後のトラブルや誤解も多くあります。当店では、単に防水材を塗るだけで「防水工事」と言う考えを持たず、建物の延命のための保守管理の一環としても機能させ、防水に関わる建物の劣化状況や構造までを検証し、各種の防水工法の採用を検討し、防水工事に必要な改修までを提案する様に心がけております。その様な中で、単純施工内容であれば、「自分で施工して見たい」との声も多く、当店ではそんなオーナーの皆様のお手伝いをさせて頂きたく、DIYでの防水工事をどの様にアドバイスするべきかを考え、材料販売は防水工事が可能であった場合にのみ、お見積りさせて頂く様にしております。防水工事をDIYとしても検討されているオーナーの皆様には、お見積もりご依頼される前に、このページでの説明を充分に参考として頂き、お問い合わせ頂いた上、現状を詳細にお伝え頂きまして、防水工事がDIYで可能であるかの判断を当店にご相談下さい。特殊な構造、危険を伴う現場状況でのDIYの困難な状況や、建物のトータルな改修等、専門知識や規模の大きな工事が必要な場合は、保証問題もありますので、出来るだけ、プロ(地元の建築防水専門業者さん)へお任せ頂いて、DIY可能な内容の工事でしたら、当店へご相談の上、挑戦されるのも良いと思います。当店の遠隔的な、現場調査、検証により、ご希望される対応年数に応じて、工事予算の掛け方、防水工法の提案(FRPが全てではありません)、による施工手順、使用などのアドバイス、準備から完成までをサポートしています。(専門用語を避け、分かり易く対応しております。)
※現場状況とお客様のご要望を把握するまで、お見積りは出しておりません。結果として、DIYを断念して頂き、地元の建築防水業者さんへ依頼される事を薦める(現在紹介斡旋は行っておりません)場合もございますので、予めご理解の上お気軽にお問い合わせ下さいませ。( 画面上では、全てを知って頂ける情報を掲載する事は不可能ですので、当HPで防水工事の 全てを伝えている内容であると 誤解されません様 心からお願い申し上げます。 )


実践DIY防水検証スタート!
防水工事をご検討中で、FRP防水が一番良いと思い こちらへいらっしゃった方も多いと思います。
そこで、実際にFRP防水のDIYが可能かどうかまず、このページを参考にしてからご相談下さい。

@建物の構造、環境でのDIY防水工事の可能性


上の様な足場の悪い危険を伴う作業が必要な構造では、出来るだけプロに任せましょう!
どうしてもご自分で行う場合は、自己責任で安全帯の装着(手すりと体を繋げて)など安全対策を怠らず作業して下さい。



上の様な場合は、手すりの劣化具合により、この後説する対策が必要になります。
工事予算や希望対応年数、建物の延命など様々な条件での対策をご参考にして下さい。

ADIY防水工事が可能な場合
材料を購入される前に、建物の劣化状況をチェック!
文頭でも申しました様に防水材を塗布するだけで雨漏りを止めたり
建物の劣化を防ぐ事は出来ません。ここでは防水工事に密接に関わる
施工前の事前調査を薦め、原因究明から対策を紹介いたします。

建物も人間と同じく、環境や管理に応じて老化します。 経年劣化に限らず、使用頻度や周辺環境、地盤、設計、保守管理の状況で、その劣化状況は大きく異なります。建物も発祥する一部の劣化が、それに関連する複数の不具合や損傷が原因で引き起こされている事が多くあります。単純に「雨漏り」は屋根の故障とは断定出来ず、その原因から究明して対策を講じ、最終的に仕上げとする事が、何よりも大切です。(応急処置やDIYでの簡易的な補修は以後の改修の妨げにならない様にする事が大切です。)

この様に段差が生じている場所の処理(下地・不陸調整)をせずに、防水を施せば、後に膨れや亀裂が生じ、使用時の損傷や勾配の妨げにより、排水の不具合で溜まり水が出来、土積、コケ発生、屋上の場合、鳥の糞害(植物の種を運び防水層に根付く等)防水層の劣化を早めてしまいます。この様な場所は、ダイヤモンドで削るか、下地調整用のモルタルで段差をなくす事から、防水工事の始まりとなります。この後に補修の様子を紹介していますので、ご参考にして下さい。

既存防水層や素地の劣化部・不具合部をローラー作戦で隅々までチェックして、補修が必要な場所は、防水を施す場所以外にも、直接・間接的に関連する周辺劣化部または、原因箇所に予めマーキングする事で、劣化状況を再認識でき、DIYでの本工事を行う前に再検討をする事も出来ます。また、補修工事の際の作業効率がUPしますので、ぜひ行って下さい。ホームセンター等で購入可能なラッカースプレーで構いません。出来るだけ、素地の反対色、目立つ色を使ってください。

B屋上やベランダ・バルコニー・庇だけの検査ではNG!
建物全体(屋根周辺)の劣化状況もチェック!

横方向にクラックが発生しているのは、コールドジョイントと言われている屋上床部のコンクリートが立ち上げリ壁を押している事で、発生しているRC造特有の現象です。このもの自体が直接の雨漏りの原因になる場合もありますので、防水施工後もこの付近が雨漏りする場合は、第2期改修として検討する必要があります。またこの現象は、防水層(入り済み角)にクラックを生じさせる場合があります。屋上が露出防水工法ではない場合に、なう部構造によっては、コンクリート内部の防水層に亀裂が生じ、漏水を引き起こす原因となりますので、露出工法で更に防水ることで雨水の浸入を防ぐ事が出来ます。


このクラック及び水の痕は、屋上の立ち上がりに手すりの柱が埋設されている事が原因で発生し、軒天井まで繋がって漏水している様子です。この場合、どれほど屋上の防水を行っても、この場所の雨漏りは止まらず、内部の鉄筋はさびを膨張させ、コンクリートを押し出し、更にクラックが発生し、最悪、コンクリートの爆裂によりその部分は崩落(欠落)します。この原因を理解して防水工事を行う事で、初めて防水工事となります。防水工事は、単純に塗装をする工事ではなく、建物の寿命を左右する非常に大切で、明快な保守管理の一環です。

これも同じく、手すりが原因でクラックが発生しています。偶然ではなく、コンクリート内部でさびが膨張し、コンクリートにクラックを生じさせる全く同じ現象です。
このまま放置する事は出来ません。手すりの改善が必要になります。この後に、詳細に解説します。
木造モルタル住宅の外壁からの雨漏り

木造で1Fから3Fまでがモルタル壁となっており
各フロア毎に帯を設けていない1枚壁の構造では
当然ですが、クラックの発生する確立は非常に高くなります。
雨漏りするはずの無い?雨漏りするベランダも庇も無い
立て板に水の場所で雨漏りするはずが無い!と
思うのが非常に無理があります。
現状(構造)維持で、補修するにはクラック補修後
弾性外壁塗料での再塗装、お薦めは水和凝固型防水剤での
防水塗布により塗装仕上げとする事です。


C原因究明と対策!
良く観察して原因をたどる!
先ほどの、外壁のクラックは、左写真の手すりの柱の根元を中心に発生しています。また、上部の溶接付近からもサビで穴が開いており、柱側まで穴が開いた状態となっています。一年を通じて、結露と凍結の繰り返しにより、内部からさびが発生し、穴が開くほどになると、今後は雨水が直接浸入し急激に劣化が始まり、手すり本体だけでなく基礎となっているコンクリートまで大きなダメージを与えてしまいます。 >右の写真は、鉄筋のサビにより発生した爆裂の様子です。規模が大きくなると崩落時に被害の出る可能性が大きくなり、大変危険です。 先ごろの関東地方震度5クラスの地震でも発生したビルセットバック部の崩落も単に構造上の問題だけでなく。雨水の侵入による劣化が影響している事も否定できません。

▽詳細イラスト図解


左のイラストは、防水層が露出工法である場合において、手すりや外壁、防水層の雨水の侵入が原因で発生する様々な事象を説明しています。
露出防水層が無くコンクリート素地の場合も、ほぼ同じになりますのです。
○の部分からの雨水の浸入により、躯体内部に水分が吸収され、夏は高温で内部の湿気が逃げ場を探し、防水層やモルタルを持ち上げ、膨れや剥離を発生させます。夜間は温度が下がり、膨れが納まります。夏の間は、一日を通じてほぼ毎日膨張収縮を繰り返すため、更にクラックや剥離が激しくなります。
これらの原因に対する対応策は、この後解説しております。
◎イラストのコールドジョイントラインは、実際は下の方にありますが、画像サイズなど制作上の理由で分かりやすい位置に示しています。 ここでは、分かり易い様にイメージを優先しています。

D浸入経路の理解と雨仕舞い対応策
良くある単純な原因の雨漏り




↑この写真は、アルミ製の庇の柱を下地のコンクリートへ先付けし単純にFRP防水を後からライニングして柱の根元も連続防水層としてライニングしてあった様子です。当然ですが、アルミ製の柱は空洞で各部材がネジ止めで接合されており、内部は雨水の通り道となっています。
この事を認識ぜず、防水層の内部へ納めるのは、「雨漏りして下さい」と言っている事と同じで、意味の無い防水工事になってしまいます。
この様な場合は、一旦柱を外し、先に防水してから柱を戻して固定しなおします。
固定する場合、パッキンやコーキングが必要で、これを怠っては、未だ雨水の浸入の可能性を残してしまいます。

下記は手摺の正しい設置方法の解説です。
×  

必ずしも×ではありませんが、この様な場合は、単に防水をするのではなく、柱に雨仕舞いとしての処理をする必要があります。下の手順@の様に、手すりに鉄鋼用のドリル刃で、手すりの柱の根元から5mm高の位置に5mmФほどの穴を開け、更に20mm上にも同じく穴を開けます。カートリッジ式のコーキング材を、下の穴へ下向きに大量に注入するか、建築断熱用のノズル付きの発泡ウレタンスプレーで、根元内部を中心に隙間無く充填して、コンクリート側へ水が入らないようにしてから、右下(手順A)の方法で補強固定します。


旧手すりを撤去移動する場合で、新たに防水をする場合は、この様な方法で漏水対策を図ります。
基礎のコンクリートは、下の防水層と防水層保護の緩衝シートで完全に水の浸入を防ぐ事が出来ます。

E手摺の処理方法
手すりが立ち上がりに埋設、または、立ち上がりの内側に独立し基礎に
設置されていて撤去も移動も出来ない場合の雨仕舞い対応策

手順@


鉄鋼用のドリル刃で、手すりの柱の根元から5mm高の位置に5mmФほどの穴を開け、更に20mm上にも同じく穴を開けます。カートリッジ式のコーキング材を、下の穴へ下向きに大量に注入するか、建築断熱用のノズル付きの発泡ウレタンスプレーで、根元内部を中心に隙間無く充填して、コンクリート側へ水が入らないようにしてから、右の方法で補強固定します。お薦めは一液湿気硬化型のノズル付きの発泡ウレタンスプレーです。
手順A


FRP防水に限らず、その他の防水施工でもこの方法は非常に有効な処置となります。
貼り付ける前に、鉄部は充分にサンディングして、埃や油分を除去してから、専用のプライマーを下塗りします。このプライマーも、紫外線硬化です。非常に強力な接着性があります。またこの様に直角の柱の巻き付けは、通常のFRPライニングでは困難な場所で、FRPが浮いてしまい施工が非常に困難な場所でもあります。フロムシート(FRP樹脂含浸済み半ゲルシートとでも言いましょうか)での補強が最適な方法です。

フロムシート:詳細ページ
”防水業者さん”にもお薦めの紫外線硬化FRPシート
当店でもフロムウィズ様(販売元)を通じ販売開始しております。超強力金属プライマー他、PP素地FRP接着プライマー、補修用パテなど全て一液型紫外線硬化です。 また紫外線硬化FRP樹脂も取り扱う予定です。当店からのご購入は、お問い合わせ下さいませ。
手順B


フロムシートを応用して、手摺の補強と雨仕舞い対策が完了したら
手摺(立ち上がり)回りに先に防水層を作り、更にがっちり固めます。

[DIY防水FRP&エマルジョン防水施工方法2]に戻る
F手すりが上記構造のどれにも該当しない場合の雨仕舞い対応策






G通気・脱気・納まりの仕組み





このイラスト図を見れば、通気>脱気や手摺など役物の設置方法や改修方法が解ります。

まれに、密着工法で脱気筒が設置されているのを見ますが、全く意味の無い行為である事は、上の解図を見て頂ければ納得できると思います。通気緩衝マットは躯体からの湿気熱気を脱気筒へ送り出す為の通気用のマットですが、この通気マット無しでは、脱気する事は不可能です。コンクリート内部の湿気や空気は熱により真上にしか上がりません。上の解図の様に、躯体内部を横に通気して都合良く脱気筒に移動してくれる事はないのです。
下に通気構造を拡大で紹介していますので参考にして下さい。

通気層の拡大↓



脱気筒の拡大↓

[DIY防水FRP&エマルジョン防水施工方法]に戻る

H手摺の処理方法NO.2
手すりが立ち上がりに埋設されていて撤去する場合の
防水の処理方法と手摺の撤去と新規設置










手摺撤去後、同じ場所にアルミ製の手摺を設置する場合は
先に防水層を完成させます。



▲古い手すりを撤去すし、仮設の
手すりを設置する。




▲撤去後の穴埋めをして、先に防水層を完成させる。


下が防水層完成後に同じ場所へアルミ製の手摺を
後付で設置した様子です。


▲アルミ製の手すりを固定する為アンカーを打ち込み
パッキンやコーキング処理で柱をボルトで締める。






I下地調整補修方法
手すりが立ち上がりに埋設、または、立ち上がりの内側に独立し基礎に
設置されていて撤去も移動も出来ない場合の雨仕舞い対応策



既存防水層や素地の劣化部・不具合部をローラー作戦で隅々までチェックして、補修が必要な場所は、防水を施す場所以外にも、直接・間接的に関連する周辺劣化部または、原因箇所に予めマーキングする事で、劣化状況を再認識でき、DIYでの本工事を行う前に再検討をする事も出来ます。また、補修工事の際の作業効率がUPしますので、ぜひ行って下さい。ホームセンター等で購入可能なラッカースプレーで構いません。出来るだけ、素地の反対色、目立つ色を使ってください。


ADIY防水工事が可能な場合で、解説した場所の補修です。カップ型のダイヤモンドで隆起した部分を削り、段差をなくし面位置にして平滑な下地面に戻します。


クラックの右側の面に合わせて、左側の隆起した部分を削り下げて平滑にしています。

下の写真は、上の作業が全面に亘り細かく行われた様子です。


築30年以上になると劣化が著しくなり、徹底した下地処理を行うかで以後の防水の寿命が大きく異なります。
どれ程優れた防水材であろうと、現状無視での施工は、対応年数は期待せず、実際は短期間の寿命と認識して頂たいと思います。


下の写真は更に下地処理を進めた様子です。

大きく欠けてしまっている場所は右の写真の様に予め補修用のモルタルで埋めておきます。
この樹脂モルタルの原液を下塗りしてからモルタルを盛り付けします。
お薦めは、タイル貼りでも紹介したFRP素地強力接着用2液型樹脂モルタルパテです。
FRP素地だけではなく、コンクリート・モルタル補修にも使える便利な樹脂モルタルです。

下の写真は、細かな部分補修後、全面に下地調整用の
樹脂モルタルをローラーで塗布した様子です。


これでようやく下地が完成します。
防水工事の始まりは、この後の防水材を用いた施工からではなく
ここまでの作業を全て含めて、防水工事とお考えください。
これまでの工程なくしては、防水の延命と効果を発揮する事は出来ません。
また、防水を施した場所からは、雨漏りしないのが当たり前で、新規防水層に
対しての検査をする必要はありません。
施工後の漏水検査が必要な場合は、防水をしていない場所で考えられる全ての
場所を検査し、同じ場所に雨漏りが発生するか検査する必要があります。
後で同じ場所から雨漏りが直っていない!と言うケースは良くあることです。
本来なら工事の前に、徹底的に検査するのが望ましいと思います。


JDIY防水の実践に向けて
FRP防水に限らず、強靭な防水は色々あります。
誤解の多いのがFRPは半永久!と言う事です。
ここからは、実際にどの防水工法がDIYとして可能か
今までの解説を踏まえ施工の内容を見ながら
実践に向けて検討しましょう。

DIYとして施工可能な防水工法は2種類です。
ウレタン防水・シート防水・アスファル防水は専門業者でしか
施工出来ませんので、これらの工法は省きます。

DIY防水工法の紹介
FRP防水
密着工法
(密着による脱気は不可能です。)
水性エマルジョン防水
密着工法中敷不織布入り
通気緩衝工法
応用参考編
防水が軽視され易い場所
FRP鉄骨階段ライニングの薦め 
膨れ応急処置
局部簡易脱気面白DIYの巻き
木造ベランダ
FRP防水下地処理編
シート防水硬質化クラック補修
水性エマルジョン防水密着工法
番外編
木造巨大排水口FRP加工
水勾配取り直し
防水下地左官工事







防水TOP


FRP材料販売HOME


Copyright(C)2003 frp-zone. All rights reserved.