防水DIY:FRP&水和凝固型防水工事の為の検証による下地調整と対策

FRP成形の本が欲しい!▼こちらをクリック!
FRP材料販売ショッピングカゴ
FRP材料販売HOMEFRP特価商品FRP新商品FRP実験室FRP製作室FRP防水FRP材料販売ショッピングカート(即決)FRP材料販売ショッピングカゴ、ご注文でも見積もりでもご利用可能
[お問合せ] 通信販売法規表示 LOG-IN ■メンバー登録 ■注文確認 ■情報変更会員削除 ■パスワード再発行 ■会員窓口
FRP&水和凝固型防水施工方法:補修/FRP防水/エマルジョン/プライマー/モルタル/膨れ/亀裂/無公害/攪拌機




下地調整が終わったら、プライマーを充分に含浸させます。モルタルや劣化コンクリートは吸い込みが激しいので、必要に応じて2回塗りします。
立ち上がりや、役物(手摺基礎等平面以外の凹凸部分)を先に塗ってから、床を塗ります。



プライマーは、接着力だけが重視されますが、実際は、コンクリートやモルタルなど特に埃や砂などの完全除去が困難で、躯体(素地)に気泡の層がある場合は、防塵対策と素地含浸による目潰しが重要になり、充分に素地に含ませる事で、防水層の素地との剥離を防がない限り、意味の無い作業(材料選択)になってしまいます。
どんなに密着性が良いとされているプライマーでも、粘度が高ければ高いほど、素地には含浸せず防塵効果が無くなり、含浸しない為、埃の上でプライマーが浮いた状態で硬化(膜が出来)し、防水層とは密着しても、素地からは剥離します。
理想的なのは、1回〜2回目では、含浸性の良い水状のさらさらしたプライマーで充分に含浸させ、粘度のある密着性の高いプライマーで更に塗布して、完全に防水層の被着面になる素地を改質する事が、間違いなく一番用方法ですが、コストが掛かるので実際にここまで行われる事は殆んどありません。
しかし、DIYなら、工事依頼されることを考えれば、予算的にも工期としても問題が少なくなるので、この下地調整法の採用が容易なります。


ここで紹介する水和凝固型防水材は、主剤と混和剤及び水の配合率の調整だけで、プライマー(代用)、下塗り、クロス含浸用、中塗り、上塗り、そして固練りで充填剤としても作れ、一切用材を使わない為、肌についても水洗い出来ます。道具も全て水洗いです。
防水材を作るときは、横に攪拌機やローラーを洗う為の水を用意します。攪拌機は、使うたびに水の中で空回しして、防水材を洗い落としておきます。
主剤は、白いエマルジョン樹脂(原液:木工ボンドの様な軽い臭い)を空き缶の半分まで入れて、混和剤を1袋入れるのが、防水層基本の粘度になります。


この現場(写真)は、たまたま立ち上がりと床が逆になる特異な構造の為、床と立ち上がりの塗布の順番を逆にしていますが、ここではあくまでも一般的に多い構造の立ち上がりから先に塗布しているとして見てください。
先に防水層用(中塗り上塗り)用の粘度、原液1:混和剤1の配合量で作った防水材を素地にたっぷりと下塗りして、連続で予め各所寸法で切ったクロスを版画をする時の様に上から手で撫でながら、押さえ貼りします。クロスとクロスは重ねて貼ります。防水用のガラスマットと同じく両端から内側に貼り合わせ面(ラップ)見当の赤ラインがありますので、その赤ラインに合わせて塗っては貼り、塗っては貼りを繰り返して横に移動しながら、全面クロスを貼ります。


クロスが張り終わったら、今度はクロス含浸用の樹脂を作ります。
クロス含浸用は、一斗缶に半分原液を入れた場合は原液が2として水を1入れ希釈し良く攪拌します。希釈した液に混和剤を両手掴みで、4杯ほど入れ再度翌攪拌します。これでシャバシャバ樹脂が出来ます。
これを先ほど貼り付けたクロスの上から、写真の様にたっぷりと含浸させます。


この写真は、立ち上がりで、貼り付けたクロスの上からクロス含浸用の樹脂を塗りこんだ部分と、未だ塗り込んでいない状態を確認できます。

※この写真では、床部は通気クロス1層で立ち上がりは、クロス2枚貼りのため、立ち上がりを塗っている段階で既に床に通気クロスが貼られている状態に見えますが、床を貼る前に既に立ち上がりはクロス1層を貼り終えていますので、この写真の立ち上がりの塗り込みは2回目の作業になります。
立ち上がりを1層で終わる場合は、この写真での床のクロスは貼られていない状態として見て下さい。


この立ち上がりの場合は、天場笠木からアゴ部、立ち上げりまでのクロスの貼り方です。
イラストの断面で、天場笠木からアゴ部までが一枚で、アゴから下に1cmほど長くしてそのまま塗り込み固め、水切りとして形成します。立ち上がりは、アゴ裏突き付けで、床面には、10cmほど長くして貼ります。 この写真では、上の2枚のクロス含浸後の硬化した様子です。この時点で既に防水硬化は充分あります。 またFRPと異なり、引っ張っても剥がれません。かなり強力な接着力があります。FRPではこの接着力は不可能です。
充分に固まったら、この上にこのクロスを貼るときに作った下塗り用の原液1:混和剤1の配合量で作った防水材を2〜3回塗るだけで強靭な防水層が完成します。



前のページでも開設した手摺交換の場合は、旧手摺撤去後、この立ち上がり部分を上記の様に先の防水層を完成させてから、床を塗る前に新規手摺を取り付けます。全ての防水が完了してから、手摺の取り付け工事を行うと、新規防水層を傷つけてしまう恐れがあるので、床の防水は、この様に別の工事を終了させてから、仕上げの工程として、床の防水工事を開始するのがベストです。


作業に戻ります。
立ち上がりのクロス含浸までが終わったら、床の作業に移ります。
通気クロスの貼り方は2通りあります。
写真では、重ね貼りとなっていますが、下のイラストの様に突き合わせで、合わせ目に絶縁テープを貼り隙間塞ぎと亀裂防止にします。 
重ねる場合は、写真の様に先に貼った通気クロスの糊面にも防水材を塗布して、乾燥前に貼り合わせます。 この時、先に貼った通気クロスの断面を防水材で汚さないようにします。 写真でも分かる様に、貼り終えた通気クロスと塗布している防水材の境は断面を汚さないように1cmほど逃げて、貼り重ねる通気クロスの接着下塗りを行っています。

面積が、50u以上、または、素地の劣化が著しい場合、漏水が止まらない場合は面積に限らず、または余分に脱気筒を設置して、防水層以下の躯体(素地内部の)湿気を排除させる様にする必要があります。
脱気筒の詳細は、[通気・脱気・納まりの仕組み]をご確認下さい。

脱気筒の理屈が理解できれば、設置不可能な場所でも、アイディアで、応急処置が可能です。
曲がるストローで脱気が出来る!?







左のイラストの様に、ウレタン防水では、通気クロスに穴あきがあり、専用のボンドで接着させ、クロスを突合せで並べて、突き合わせの部分を一体にする為にテープを貼ってその上から防水材を塗布します。


下のイラストの様に、この水和凝固型防水工法でもこの方法を行う事が可能です。
水和凝固型防水工法の通気クロスは穴あきはありませんがボンドなどで完全接着させる必要はありません。防水材の主剤の粘度を水で20%ほど希釈して緩くした物を下塗り接着用として塗布する事が出来ます。



左のイラストの様に、役物(手摺基礎)などや、立ち上がりから、先にクロスを貼る場合は、床の面に10cm以上クロスを伸ばしておき、床の通気クロスをそのクロスの上に被せて接合する様にします。
(不織布や通気クロスの張り方は、他にも何通りかあります。)
この時、床に貼る通気クロスは、あまり立ち上げず、ほんの少しだけ、立ち上がりから逃げる様にクロス端末を納めます。その時に生じる段差や隙間は、専用のシール材で充填して平に埋めます。
役物(手摺基礎)などや、立ち上がりのクロス(不織布)が、1層の場合は、この様に端末処理した後は、先に防水層用(中塗り上塗り)用の粘度、原液1:混和剤1の配合量で作った防水材を均等にあまり厚くならない様に、2,3回に分けて塗り広げて仕上げに向かいます。

防水TOP

続きを見る


FRP材料販売HOME


Copyright(C)2003 frp-zone. All rights reserved.